愛する我が子の明るい未来のための保険


こども保険イメージ

こどもの保険とは、一体なんでしょうか?
どんな補償が必要で、学資金はいくら貯めればいいのか?
そんなお悩みに、ズバリ! お答えします。
人生の3大出費の一つであるこどもの教育資金や養育費などについて
あなただけのオリジナルプランを作成し明るい未来を手に入れませんか?


教育資金をしっかり貯める事は、とても大切です。


親と子どもイメージ

子どものための保険、と聞くと教育資金を作る学資保険といった側面が強いと思います。
大半の方々は学資保険に加入していますが、果たしてその保険たった1つで目標は達成できるのでしょうか?
そもそも、学費はいくら必要なのでしょうか?
私立大学4年間だけでも約1000万円は必要です。
では、その資金をどの様に作るのかを計画することはとても大切なことです。
残ったら貯金の様な、毎月数千円程度では、正直あまり役に立ちません。
せめて、児童手当は手をつけずに、貯めてあげようという気持ちが大切なのです。
より効果的で安全な方法で、将来の学資金を計画することは非常に大事なことなのです。